福岡の東濃く腹

50を過ぎて非豚骨が増えたなぁ〜

『手打ちうどん 円清』中央区舞鶴(これ)

今年も同店の冷やかけうどんの写真を拝見して、

 

絶対食べに出掛けたかったのだが都合がつかず、

 

さらに今季8月末まで下記のとおり変則営業で、

 

●奇数の週が「手打ちらーめん」の提供

●偶数の週が「手打ちうどん」の提供

 

タイミング良く「うどん」の週に合わなかった。

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20200824165043j:image

 

この日はたまたま午後から予定がキャンセルで、

 

絶好のチャンスだったので急いで中央区舞鶴へ!

 

コインパークが満車だらけで周辺を3周したが、

 

出庫している車両と入れ替わりで駐車場を確保♪

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20200824165126j:image

 

13時半で先客は1組2名と中休みの状態だが、

 

私が入ってすぐカウンターに2名・卓席に2名、

 

さらに食べ終えた段階で宅席に2名の盛況ぶり!

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20200824165213j:image

 

イリコ効かせた冷やかけうどん600円

 

このビジュアルも福岡の夏の風物詩として定着、

 

飯塚『来来』と同格の芸術的な彩りにうっとり♪

 

うどんも綺麗にUターンする様に盛り付けられ、

 

イリコ出汁と麺だけのシンプルな世界観を演出。

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20200824165237j:image

 

敢えてネギやおろし生姜は別皿で提供されるが、

 

これは必然的に店主の美学が活かされた結果だ!

 

おろし生姜は少しずつ溶かしつつ味見が必要で、

 

一気に溶かすと生姜に支配されてイリコが薄れ、

 

最初にすすった瞬間の喜びは感じられなくなる。

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20200824165313j:image

 

麺は太めでコシが感じられる讃岐っぽい食感で、

 

手打ちらしく僅かな切り幅の違いが見て取れる。

 

麺自体にも旨味があってもちっとした歯応えで、

 

冷たいつゆの良さをダイレクトに伝えてくれる♪

 

まさに見た目の良さ=見た目通りの旨さであり、

 

どうしても夏には頂かないと後悔する極上の味!