福岡の東濃く腹

50を過ぎて非豚骨が増えたなぁ〜

『中華蕎麦 はせ川』別府市駅前本町(リベンジ)

f:id:aosan1968:20240620162430j:image

 

前回初訪ながら限定麺のみを提供される曜日で、

 

デフォの中華蕎麦を頂くことが出来なかったが、

 

今回はどうにか火曜日に伺うことが出来たので、

 

私は中華蕎麦を、カミさんはつけ麺を頂戴した♪

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240620162517j:image

手もみ中華蕎麦(大盛り) 1100円

 

麺は自家製で基本の細麺と手もみ麺から選べて、

 

せっかくなので手もみの平打ち麺をお願いした。

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240620162702j:image

 

幅の広い平打ち麺はフルフルッと楽しい食感で、

 

スープを引き連れて風味よくドンピシャの相性!

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240620162738j:image

 

キレの良い醤油スープながら奥行きが感じられ、

 

ドシッと力強い旨さで玉子と合わせたかったが、

 

残念ながら券売機の味玉は既に売り切れだった…

 

チャーシューも低温調理で柔らかく仕上げられ、

 

気付けばスープまで飲み干して完食完杯だった♪

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240620162816j:image

つけ麺 1200円

 

つけ麺は自家製の全粒粉入り細麺が合わせられ、

 

昆布水には刻んだ昆布が散らされる贅沢な一杯。

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240620162847j:image

 

昆布「水」と言うよりはもはや「ジェル」状で、

 

がごめ昆布が細麺にヌルッと纏わり付いている!

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240620162914j:image

 

つけ汁は醤油主体のオーソドックスな味わいで、

 

昆布水の粘りと旨味がつけ汁をさらに武装して、

 

我が語彙力では表現出来ない複雑な味わいだが、

 

間違いなく美味しいことだけは分かって下さい♪

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240620162949j:image

 

とにかく旨くてただただ唸らされるばかりだが、

 

入店した13時半でも店内はほぼ満席の状態で、

 

店主のスキルと実力の高さを感じた次第だった!

『古賀一麺庵』古賀市(この手があった)

まだ梅雨入り前の先週、既に30度を超すとか、

 

まさに異常気象?それとも温暖化?私の不摂生?

 

とにかく、どこか近場で冷たい麺を頂きたくて、

 

そう言えばつけ麺は熱ひやがチョイス出来ると、

 

地元の人気つけ麺店『古賀一麺庵』を訪問した。

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240619171549j:image

 

丁度アイドリングタイムで店主さんは不在だが、

 

サブの男性従業員と給仕担当の女性スタッフが、

 

落ち着いた様子で席案内&調理をこなしていた。

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240619171616j:image

スパイシーカレーつけ麺 980円

 

今回は大好物のカレーつけ麺を中辛で頂いたが、

 

辛さが普通・中辛・激辛の3段階で選べる様に、

 

アップデートされて人気の中辛をチョイスした。

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240619171650j:image

 

これまでよりカレー粉がたっぷり浮かんでいて、

 

確かにピリッとした刺激が増していると感じた!

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240619171716j:image

 

全粒粉入りで風味&歯ごたえのよい極太の麺を、

 

カレー粉が浮かんだつけ汁にドップリと浸して、

 

持ち上げればネギをまとった力強いリフト姿で、

 

熱々のカレーつけ汁を冷たい麺で味わいながら、

 

少し早めの暑気払いとばかりにズルズルと啜る♪

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240619171801j:image

 

基本の濃厚豚骨魚介つけ麺も頂いてはいるけど、

 

それ以上に私はこのスパイシーカレーつけ麺を、

 

何度もリピートしているヘビーな中毒者であり、

 

夏向けの味わいをしっかりと堪能させて頂いた♪

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240619171841j:image

 

因みに店主は次の限定麺を模索しているらしく、

 

何やら冷たい麺が頂けるとの女性からのお告げ…

 

詳細は、同店アカウントでの紹介を要チェック!

『ら〜麺 かい華』福津市役所そば(初日)

f:id:aosan1968:20240612164455j:image

 

福津市内で大人気の焼きとり店『かい華』さん、

 

本来は夜のみの営業だが常連さんからの要望で、

 

月に数日のみ昼間にら〜麺を提供されると言う、

 

嬉しい提供初日にカミさんと頂く事が出来た。

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240612164525j:image

 

●ら〜麺は塩のみ1日限定30杯

●鶏のたたき丼は1日限定10食

 

開店前から並んでたたき丼はカミさんとシェア!

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240612164554j:image

鶏塩ら〜麺 1000円

 

焼きとり店らしく鶏ガラの扱いはお手のもので、

 

焼きとりの〆で提供されている鶏塩ら〜麺だが、

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240612164700j:image

 

女性の常連さんから焼き鳥で腹一杯になるので、

 

ら〜麺まで頂く事が出来ないと言われたらしく、

 

不定期で限られた日数ながら提供を開始された。

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240612164622j:image

 

清湯スープ・塩ダレ・鶏油の組み合わせながら、

 

スッキリとした口当たりで個人的には醤油でも、

 

間違いなく成立するスープにまとめられている!

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240612164813j:image

鶏たたき丼 1000円

 

表面を炙った半生の鶏たたきをご飯に敷き詰め、

 

生卵を盛りつけた贅沢な親子丼に仕上げられる。

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240612164844j:image

 

タレは甘じょっぱい味わいでご飯にも馴染んで、

 

刻んだ大葉の風味と散らした胡麻がドンピシャ!

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240612164917j:image

 

麺は全粒粉入りの細いちぢれ麺がチョイスされ、

 

たかが焼き鳥屋の〆のら〜麺では終わらせない、

 

店主のこだわりが感じられる一杯をご馳走さま♪

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240612164945j:image

 

当日は開店前に2番手で並んで20分後に入店、

 

暖簾が出る頃には9人待ちと言う注目度の高さ!

 

さすがインスタとSNSの凄さを実感させられ、

 

そんな常連客の期待を裏切らない味わいだった。

 

昼間のら〜麺営業は同店アカウントで確認して、

 

足を運んで頂くしかないのが悩ましい限りだが、

 

近場でこんな塩ら〜麺が頂けるのは有難い次第♪

『レストラン北山』西湯浦園地(展望レスト)

f:id:aosan1968:20240605165737j:image

 

好天に恵まれ阿蘇くじゅうまでドライブして、

 

抜けるような青空に身体も心も洗われる気分♪

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240605165808j:image

 

山頂は風が強くて少し肌寒さを感じながらも、

 

展望所に併設するレストランで昼食を頂いた。

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240605165840j:image

 

ここは「阿蘇あか牛」の牛肉を使ったお店で、

 

ステーキ・あか牛丼・カレー等が用意される。

 

ツーリングで訪れるライダーの方々向けにた、

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240605165912j:image

 

倍喰丼(バイクゥドン)なる語呂合わせの丼、

 

ライダーの大半が訪れた記念に注文されてて、

 

私たち夫婦もあか牛丼の並盛りをお願いした。

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240605165947j:image

倍喰丼(中) 1900円

 

丼は見た目に反して意外とご飯の量が多くて、

 

レアで焼かれたあか牛肉6〜7枚と白髪ねぎ、

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240605170024j:image

 

黄身がトロッとした半熟玉子が盛り付けられ、

 

ご飯に染みた甘めの醤油ダレが上手に纏める♪

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240605170102j:image

 

間違いなく旨いのが1つだけ残念だった事は、

 

丼の外側に醤油ダレが付着してしまっていて、

 

持ち上げる度に指先や手がベタついてしまい、

 

とにかく早く手が洗いたくて仕方なかった(涙)

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240605170133j:image

 

とは言え阿蘇くじゅうの美しい景観の前では、

 

そんな些細な事などどうでも良い事であって、

 

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240605170226j:image
f:id:aosan1968:20240605170223j:image
f:id:aosan1968:20240605170318j:image

 

むしろ自分自身がどれほど小さい男なのかと、

 

再度認識させられたランチの出来事だった(笑)

『うどん ウエスト』宗像市旧道沿い(信者)

f:id:aosan1968:20240603165143j:image

※ウエスInstagramアカウントより転載

 

毎年恒例「初夏のうどん祭」が本日より開催!

 

夫婦揃って「ナカジー教信」者である私達は、

 

提供初日に「ウエスト」を詣でて味わう事で、

 

敬虔な信者としてSNSで布教活動している。

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240603165213j:image

※ウエスInstagramアカウントより転載

 

相変わらず長い商品名なので略称が用意され、

 

「マゼマゼふわふわ30」サーティーの意味は、

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240603165247j:image

 

明太とろろ・大根おろし・生卵・刻み海苔を、

 

30回ぐらいを目処にかき混ぜるって意味で、

 

空気を含ませてふわふわの食感を楽しむ一杯♪

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240603165335j:image

 

かなりエアリーな食感になるが細麺に絡んで、

 

明太とろろの効果で喉越し・腹持ちとも良好♪

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240603165356j:image

 

別添えのイカ天も衣がサックリの揚げたてで、

 

とろろのふわふわとは真逆の食感を楽しめる♪

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240603165422j:image

※ウエスInstagramアカウントより転載

 

「肉ミンチの汁なし担々風うどん鰹節乗せ」

 

ベースは肉ミンチを使った汁なし担々うどん、

 

そこに鰹節と出汁醤油を垂らしてかき混ぜて、

 

和風な味わいで〆にご飯と卵を混ぜて楽しむ!

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240603165455j:image

 

鰹節と出汁醤油でなるほど和風にシフトする、

 

添えられた山椒でピリッと刺激を追加したり、

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240603165531j:image

 

肉味噌に隠された揚げニンニクが芳ばしくて、

 

これがかなりイイ仕事のナイスアイディアで、

 

残った肉味噌にご飯を投入して最後まで完食!

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240603165554j:image

 

因みに頂いたのは宗像市旧道沿いの赤間店で、

 

ナカジーがモーニングジャムで紹介していた、

 

〆のご飯と生卵のセットのボタンを探したが、

 

券売機では見つけきれず老眼の進行を実感(涙)

『麺屋 丸福』東区和白(中身はモツ)

月曜の夜、同店の投稿で知らされた面白い麺、

 

沖縄の郷土料理である中身汁を用意したので、

 

それを使った「中身そば」を提供するとの事!

 

火曜日より1日10杯のみと書かれてたので、

 

昼間にカミさんを連れて久しぶりに訪問した。

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240531161721j:image

 

ネットで検索してみると中身(なかみ)汁は、

 

正月やお祝いの席などで振る舞いで出される、

 

鰹出汁で内臓・椎茸などを炊いた汁物らしく、

 

地元では「中身の吸い物」とも呼ばれている。

 

…みたいに書かれていてかなり興味が湧いた♪

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240531161757j:image

中身そば 1000円

 

TVでしか見聞きした事がない中身そばだが、

 

初めて拝んだ実物は茹でた豚モツがゴロッと、

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240531161826j:image

 

盛り付けられて確かに郷土料理っぽい見た目!

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240531161854j:image

 

糸こんにゃくや椎茸の食感にも意表をつかれ、

 

なのに優しい旨さのスープに仕上がっている。

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240531161916j:image

 

沖縄そばと同じく平打ちの太麺が合わせられ、

 

出汁も相まって「和食」の要素が感じられる。

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240531161953j:image

チャーシュー丼 350円

 

セルフのチャーシュー丼は空の茶碗を渡され、

 

炊飯ジャーからご飯をついで隣の保温器から、

 

角切りのチャーシューと背脂をご飯にかけて、

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240531162037j:image

 

刻み海苔を散らして特製ダレを垂らして完成♪

 

背脂の甘みとタレの醤油がご飯とバッチリで、

 

散らした海苔が風味よく全体を纏めてくれて、

 

カミさんと半分こして量的にも丁度良かった♪

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240531162107j:image

沖縄そば 800円

 

カミさんは「沖縄そば」を頂いたがこちらも、

 

普段は鰹出汁メインのスープで提供されるが、

 

この期間は「中身汁」の出汁が使われていて、

 

いつもとは違う味わいの沖縄そばに仕上がり、

 

慶史謹製の太い平打ち麺がきちっと絡みつき、

 

太麺の食べ応えと出汁の旨さを満喫していた♪

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240531162203j:image

 

同店の店主は沖縄出身でいらっしゃる事から、

 

地元にいる頃は実家の中身汁を任されていて、

 

手間暇は掛かるがせっかく大量に作ったので、

 

是非とも福岡の人にも味わって欲しかったと、

 

嬉しそうに話してくれて私まで嬉しくなった♪

『中華料理 光竜』福津市津屋崎(似まくり)

f:id:aosan1968:20240524152409j:image

 

2月に初訪して「あんかけ皿うどん」を頂き、

 

表面を焼いた中華麺のサクッとした歯触りや、

 

餡に浸ってフヤッとしなが噛めばモッチリと、

 

この太麺の焼け具合にハマッてしまった同店。

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240524152524j:image

 

ここには卓上にある品書きの他に白ボードに、

 

手書きされた日替わりメニューが数種類あり、

 

今回は「醤油ラーメン」とちょっと迷ったが、

 

ボードで気になった辛子味噌皿うどんを注文!

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240524152612j:image

辛子味噌皿うどん 850円

 

使われている具材がビジュアル的にも共通で、

 

ベースの「あんかけ皿うどん」と瓜二つだが、

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240524152657j:image

 

辛うじて餡が辛子味噌で朱色っぽく染められ、

 

2皿を並べて観れば見分けられる自信がある。

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240524152730j:image

 

もちろんベースはあんかけ皿うどんであって、

 

辛子味噌が加わりピリッとする味わい以外は、

 

旨み・食感ともあんかけ皿うどんと同水準で、

 

むしろ辛子味噌入りで価格据え置きってアリ?

 

とりあえず皿うどんの比較対象できるように、

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240524152852j:image
f:id:aosan1968:20240524152855j:image

 

2月02日(金)に頂いたあんかけ皿うどん

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240524152940j:image
f:id:aosan1968:20240524152948j:image

 

4月05日(金)に頂いた皿うどんの写真を、

 

掲載するので是非とも違いを探して頂きたい。

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240524153108j:image

 

他にも『光竜』さんには未達の麺が数種あり、

 

じわじわと全メニュー制覇を目論んでいる(笑)