福岡の東濃く腹

50を過ぎて非豚骨が増えたなぁ〜

『一九ラーメン』福岡市南区老司(十数年ぶり)

たまに粕屋の店舗には食べに出掛けているが、

 

老司店が建て直されたとTVで取材されてて、

 

ダイキョーバリューに買い物に出掛けた際に、

 

何となく寄ってみたくなりかなり久々に訪問。

 

店舗右手が入り口とは知らず正面から入って、

 

軽くスタッフさんに注意されながら券売機へ。

 

ワンタンとかなり迷ったが繊維質が欲しくて…

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240503095252j:image

支那筍(シナチク)麺 650円

 

久々の一九だがビジュアル的には変わりなく、

 

厚・薄・太・細・長・短と様々なシナチクが、

 

合わせて20本以上も盛り付けられて嬉しい♪

 

と言うか基本が1杯550円もお値打ちだが、

 

100円増でシナチクが20本乗るって驚き!

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240503095325j:image

 

麺のカタさは普通でお願いしてちょいシコで、

 

低加水ながらスルッとした喉越しで心地よい♪

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240503095348j:image

 

ザクッとした歯応え系ではなく柔らか食感で、

 

必要最小限の塩気でスープを邪魔せず理想的。

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240503095414j:image

 

シナチクと細麺を一緒にすすると食感が良く、

 

豚骨とシナチクの足し算を存分に堪能できる!

 

かなり久々だがスープも記憶とさほど違わず、

 

けれど1つ感じた事は粕屋の店舗と比べると…

 

個人的には粕屋店の方が好みの味だと感じた。

 

あくまで好みの範疇でありご容赦頂きたいが、

 

閉店間際でもお客の出入りはひっきりなしで、

 

さすがの盛況ぶりと雰囲気に圧倒されていた!

 

にも関わらず閉店5分前になると出口以外は、

 

従業員がシャッターを下ろし出し少し慌てた…

 

 

 

 

 

f:id:aosan1968:20240503095526j:image

 

店内にも待ち客がいるのに淡々と作業されて、

 

売り切れでもないのに店先には閉店の立札が…

 

でも「働き方改革」で閉店時刻を守っており、

 

従業員の就業時間を守っていると解釈すれば、

 

客にはプレッシャーを与えるかも知れないが、

 

必要不可欠な判断であり讃えるべきであろう。

 

それでも出口から無理やり店内に入っていく、

 

年配のオヤジさん2人組を目の当たりにして、

 

せっかくの食後の余韻を台無しにされた気分…